天使会話
No image

天使会話

そうそう、グラストンベリーに向かう日、ちょっとした事件がありました。順調に乗り継いできたんですが、最後Bristolからグラストンベリー行きのバスに乗る時のことです。事前に調べてあった時刻表とバスの路線番号があり、Bristolの鉄道駅のバスターミナルはこれまた広大なんですが、ここで合ってる、と思うところまで行きました。で、バスの路線表示を見たら…その番号のバスの行き先にグラストンベリーが書いてない!!どうしよう...

イギリス&アイルランド③ グラストンベリー&ストーンヘンジ

イギリス&アイルランド③ グラストンベリー&ストーンヘンジ

さて、チャリスウェル見てる間だけ荷物を宿に預かってもらってたのですが、約束の12時ギリギリになったためダッシュで戻り、荷物を受け取ってから、帰りのバス停近くにあるアビー(寺院)跡へ。グラストンベリー修道院です。ここにアーサー王が葬られたと言われています。いやーもう、笑っちゃうほどに遺跡でした。青空と草原しかない周りを見て、なんだか笑ってしまいました。こんなとこに墓作られるなんて、あんたらしいね、と。ほ...

イギリス&アイルランド② トール&チャリス

イギリス&アイルランド② トール&チャリス

この旅のポイントが明らかに、スピリチュアル方面的には(という区切り方もそろそろ終えないとなぁと思うのですが)この、イギリスのグラストンベリー及びアイルランドのタラだったので、この二つに絞って書きたいと思います。だいぶ盛りだくさんになりますが。。というわけで、ロンドンに二泊した次の日にコッツウォルズの美しい村に一泊しに行き、そこからグラストンベリーへ直行です。一拍置いたのがよかった感じでした。いや、ま...

過去生の旅 inマケドニア③

過去生の旅 inマケドニア③

この旅、キリがないので(思い出がいっぱいありすぎる!)、とにかく過去生に関する部分だけ書きますね。次の日からは、とにかく毎日、歩いて歩いて歩き続けました。基本的には、私が好きだったこの人生の時の「あの風景」を探して、歩いていました。川縁の風景だったので、この街の中心を流れる、そして中心である河のそばを歩くようにしていきました。そして滞在最後の日、私はとてつもない田舎町を歩いていました。外国人が来るこ...

イギリス&アイルランド①

イギリス&アイルランド①

お久しぶりです!今夏最後の旅行に母と出ておりました。これで長かったサマーバケーションは終わり、収穫山盛りの夏となりました。どうなるかと思っていましたが、今年作る卒業制作も自分の中ではこれでいこうと思えるものが出て来て(まだコンサルでどうなるか分からんが、頑張る私…!)ほっとしましたし今回のこの旅では、いつにも増して凄まじい量のインスピレーションやヒント、具体例、エネルギー、癒しをもらえました。この旅...