チェコの病院。

0
日記。
まあまあの野生児なので、風邪は大抵漢方(正確なもの)と休養で治るんですが、今回は治らなくてですね。
一週間経過し、本当は今日はお出かけとかで楽しい一日になる予定だったのですが、どうにも咳が止まらずというかひどくなる一方で、あ、これはダメなやつだ…。ということで、在住7年目にして初めて、風邪で医者に行きました。
久々に「あーチェコの病院ってひどいなーひどいけどやっぱり良いとこあるなー」みたいなチェコ独特のアレを味わったので、綴ります。

IMG_3573.jpg


保険が効くのが総合病院だけなので、比較的近くにある大病院へ。
入り口のガードマンさんに、鼻水と咳があるんですけど、て言ったら、すんごい優しく教えてくれて、ありがとう…とゴホゴホしながら向かう途中の花壇のつつじがきれいだったよ、という写真です。切ない…

該当する病棟に付くも、受付が無人で明かりが消えてる。て、てめー。。(よくある)仕方なく受付横の、明らかに絶対仕事してない感がすごい、クソデブの感じの悪いおじさんに聞いたら、受付はこっちだ!チェコ語も分からないのか、全く…などと言われて、いや明かりついてねえから聞いてんだよ💢と内心キレてたら、後ろからこれまた愛想のかけらもないがまだマシなスタッフが「こっちだよ」とものすごく分かりづらく私に声をかけてくれて、ついてったらニコリともしないというかむしろ迷惑そうな顔をしたスタッフ女性が出てきて身分証明書と保険証を見せると、しばらくして戻ってきて「あそこに行け」と指だけさすから、どこですかつったら、一番奥だ、つって去り。ムカつきつつも行ってみるが、部屋の明かりはついてるようだがノックしてもノックしても誰も出てこない。というか完全に人の気配がない。………ねー、救急外来って…書いてる…ジャン…。ねぇ…。。24時間開いてますって…書いてる…じゃん…。ねえ……。。。
完璧に心が折れかけた。ただでさえ病院に来てるときってのは心が弱ってんだよ。そんな中、誰にも付き添われず、ろくに喋れもしない言語駆使して死ぬほど頑張って来てんだよこっちは。。。ふざ、ふざけんな…。
しかし、こんなことで折れるぐらいなら私はここに住んでない。ある意味慣れている。
というわけで、帰って地元の薬局で薬剤師さんに相談してとりあえずの咳止めでも出してもらうことも視野に入れつつ、天使お願い、今すぐここに天使をよこして!!頼むから!!とお願いし、
はー………と、とりあえずその地元の薬局が今日何時まで開いてるか調べ、土曜だから12時半までか…、うーん今11時45分…うーん、どう…だろ…うーん。。。それか別の病院か…。はー…
としばらく悩みがてら、待ち。
………なんかもうしんどいから、とりあえずここは出るか…なんかもう誰かが助けてくれる感じもしないし…でも念の為また受付の方に行って、今日まだ関わってないもっとマシな人をつかまえて、お医者さんがいないんですけどって言わないと…あーでもこのまま帰っちまおうか、と半々の感じでエントランスに向かったところ。
向こうからやけに、感じのいい、スタッフ着を来た女性がドブリーデンと声をかけながら通り過ぎていって、今日初めてドブリーデンって言われたんですけど、あ、じゃなくて、ん?……んっ?救急外来の方向じゃん?
でついてったら、その人、その救急外来の部屋に入るところ!だった!!ので、「あのーすいません!ここの方ですか、診察受けたいんですが…!」て呼び止めたら、症状は?て聞かれて、鼻水と咳と、あとあのー、フレム(痰)です…つったら、フレム?分からないわ。て言われて、えーと…てチェコ語の辞書もう一回見たら、フレン。だったので、フレンです!つったら、フレンねオッケー!先生呼んでくるから、入り口出た横んとこで救急受付手数料だけ払ってきて!て言われて買いに行き、戻ってノックしたら、先生もいたー♡よ、よかった…。よかったよ…。。ちなみにフレムは英語だったよ…。すまねぇ、似てるからいけるわー!てどんぶり勘定で今朝覚えた単語でした。うふっ…。(こうやって今まで乗り切ってきたよ!度胸があればなんとかなるよ!!)

本日ずっと散々な目にしか逢ってないにも関わらず、その先生はムチャクチャ優しかった。
チェコ語がおぼつかないながらも病状は全部説明できたし、経過とか困ってるとこも説明できた。質問にも答えられた。で喉を見て、リンパ触って確認して、肺も聴診器で確認して、先生の診断は
「肺までは行ってないわね!喉と咳だわね。抗生物質と咳の薬を出しますから、指示通りに飲んでください。運動はしないで、ゆっくりしてね。水分よく摂って。」と、テキパキ、分かりやすく。あーやっぱりこれは菌を殺さないとダメな風邪だったんだなー、と自覚。だから悪化してったわけだ。。
今回、一切熱が出てないんで、殺菌のプロセスがなかったんだよねー…だからだと思う。熱を出すのも大事よ、みなさん。(何のアドバイスだ)
先生が優しかったのは、世間話も。欧米圏だと医者と患者も一個人同士にすぎないので、よく世間話はするのですが、今日の先生は好奇心が強くて思いやりのあるタイプ。チェコでは何をしてるの?て言われて、仕事と勉強ですって言ったら、何の勉強?て言われたから今はフランス語ですって言ったら、すごいわね、わたしチェコ語しか分からないわよ…てしみじみ言って。優しいから、たまに英語の単語を添えてくれてたので、もしかして英語わかるんですか?てカルテ書き待ちの間に聞いたら、いや分からないのよ、ほんの少しだけしか。あと中国語だとシェイシェイがヂェクイーでしょ?…うーんそれだけだわ。(笑)つって。かわいいなー。そんで、あなた、チェコ語とっても上手ね、すごいわって褒めてくれたから、いやあ難しいから全然ちゃんとできてなくて、でもありがとうございますって言ったら、だって日本からでしょ?何もかもがまったく違う文化圏から来て、こうして暮らしてて、こんなにチェコ語もできて、ありえないわよ、本当にものすごいことだわってすごく褒めてくれて。前半ひでー目に遭った心の傷も癒されました…😭
余談ですが、外国語に対する人の反応って、どっちかなんですよね。不十分だという顔をされるか、すごいわって言って助けてくれるか。大体、頭がよくていろんなことに興味があってバリバリ働いてる人ってのは、後者です。前者は大体ね、何もしてない人が言ってる。何も知らず何もしてない人がしたり顔でね、いうんですよ。だからそういうのは無視していい。ちゃんとした人なら、チェコ語がちゃんとできなくてごめんなさいと言うと、とんでもない、だって私は英語も日本語も喋れないんだもの、すごいわって言うよ。それがまともな人間なんですよ…。聞こえますか、クズのみなさん…あなたの心の中に直接語りかけています…お前らは…何もしていない…ただのクズ。( ´ ー ` )

さ、毒を吐いたところでね。(謎)
カルテも処方箋も書いてくれて、土曜だけどセンターに出れば薬局開いてるから処方してもらえるからね、とすごく優しく教えてくれて、心がめっ…ちゃあったかくなって退室。ありがとう…ありがとう…。
バスですぐ近くのショッピングモールに出て、その中の薬局で処方箋で薬を出してもらい、私の空目か?と思っていた「一回量が1000mgの抗生物質」のパッケージを二度見しながら購入。
その後、あまりにも腹が減ったので、元気よくモール上のKFCにイーン!!

IMG_3578.jpg


お肉パリパリで美味しかったな…。癒された……
そして見て、この薬の大きさ。

IMG_3579.jpg


ダンゴムシよりでっかいよ!!1000mgか…すごいぜ…。
母に聞いたら「大体日本で出るのの倍量ね」て言ってました。
でも、こっちの菌は強い感じがするんで(とにかく全般に風邪菌が強い。日本で一切風邪引かなかった私が引くんだから間違いない…)、しっかり菌を殺しきるためにも、言われた通り一日二回で一週間、飲み切ろうと思います。
二つに割って飲みました。(さすがにこのままは無理やで…!)

とにかくひたすら眠り、一発で死ぬほどヤワじゃないのは覚悟してるんだけど、少しずつ症状が和らいではきています。
明日も油断せずダラダラします…。
いやぁ、いつもは休養で治るんだけどなぁ。どっから入ったんじゃ…。先週洗濯機の掃除してたその晩から、あれ?てなったんだけど、何か吸い込んだんだろうか…怖い…分からない…。
とにかく、しっかり治すぞ…!!



オマケ。
今日出かけると思ってたから、ずっとやりたかったデーハーネイルを昨日やってたんですけど、風邪こじらせて病院に行く途中、何浮かれてたのかな私…って気分にちょっとなった今のネイル。

IMG_3569.jpg


今は「いや、自分の気分をアゲるためにやったんで、これで良いや」と思ったら、すごく嬉しく、楽しくなりました。

あと、いま母が故郷に帰ってて、祖母の遺品の片付けをしてるのですが。(亡くなったのは10年前なのだが全く終わっていない)
なんと、私が小学生ぐらいの時?に、バレンタインのチョコ作って送った時のお手紙、おばあちゃん、とってあったんですって。箱の中から見つかってほっこりした〜って母が送ってくれた写真。

IMG_3580.jpg

おお!まさしくわたしの手書き…!!
小学生のゆきちゃんは、「!」を全部この書き方で…書いていたのですよ…。(死)
でも便箋というか、このメモみたいなやつ、めちゃくちゃ好きだったのまだ覚えてて、なっ懐かしい…!てなりました。。
おばあちゃん、なんでこれとってあったんだろう…。他にも文通してた手紙とかもあったはずだけど。。
ちなみに私はおばあちゃんが高校入学のときにくれたハガキをまだ持ってて、こないだひょっこりチェコのこの家から出てきて、あ〜こっちくる時に持ってきた思い出の一つだ…て思いました。あの時、スーツケース二個だけでこの国に来たけどめちゃめちゃ心細かったから、何かそういう手紙とか、そういうのを持ってきてたんですよね、いくつか。それだ。

はい!じゃあ!
おやすみなさい❗️❕
スポンサーサイト



一日一ブログ(2019.05)モル助

0Comments

Add your comment